トップへ » 概要 » 最先端術前シミュレーション » CT+術前シミュレーションをする理由

CT+術前シミュレーションをする理由

コンピュータで手術を再現当院では、最先端インプラント術前シミュレーションソフト(Simplant Pro)を導入しています。

レントゲンだけで充分だ、という先生もいます。
実際のところ、CTや術前シミュレーションを行わなくても、インプラント手術は可能です。
ではなぜ、当院がCTや手術前のシミュレーションを重視しているのか、その理由をお話したいと思います。

インプラント治療前にCT撮影を行うことは、世界的な常識になりつつあります。
CT撮影により、骨の幅・神経の位置、骨の密度など、さまざまな状態がわかります。
さらに当院では、インプラント術前シミュレーションシステム(Simplant Pro)を使用し、骨の状態を3Dグラフィックで再現、正確なインプラント治療計画をたててから、手術を行います。

術前シミュレーション02もしレントゲン画像だけを根拠に手術して、実際の骨の幅・厚みがイメージしていた状態とは違っていたら・・・思わぬリスクを招くでしょう。(予定していた長さ・太さのインプラントが使えない、埋める位置を変更しないといけない)
もしかすると、手術が中止になるかもしれません。

例えば、下あごにインプラントをするとします。
骨の中には、下顎管という神経、動脈、静脈の束がありますが(図の赤い管)インプラントをしっかり埋めようとするあまり、この下顎管を傷つけてしまうと、大変なこと(麻痺・しびれ)が起きてしまいます。

術前シミュレーション01これらを防ぐのが、インプラント術前シミュレーションシステムです。
CTデータを3次元的に解析することで、神経までの距離・インプラントの長さ・太さ・方向・角度が正確にわかりますから、患者さまにもっとも適合するインプラントを1本1本、確実に選択することができるのです。

これはインプラントをより長く使っていただくための必要条件でもあります。当院では、全てのインプラント手術に対し、CT撮影及び術前シミュレーションを行っています。


トップへ » 概要 » 最先端術前シミュレーション » CT+術前シミュレーションをする理由


文字サイズ
を変更する