2009年4月15日 « トップへ » 2009年11月13日

2009年4月16日

県内トップクラスの症例数

implant Drsyuugou.jpg当院のインプラント治療は、これまで多くの患者さまに選ばれてきました。
たくさんの患者さまの笑顔、そして食べる楽しみを取り戻してきました。

インプラント症例実績とは、ただの結果です。
一人ひとりの患者さまに選ばれたという事実、私たちはそこに込められたご期待に応える責任があります。

そして、これからお会いする患者さまのために、引き続き一つ一つのご期待に応え続けることが、私たちの使命です。私たちは、患者さまにご満足いただくために、安心のインプラント治療をお約束します。

県内トップクラスの症例数02当院のインプラント実績
平成19年埼玉県 第1位
平成20年埼玉県 第2位
平成21年埼玉県 第2位
平成22年埼玉県 第1位
平成23年埼玉県 第1位
平成24年埼玉県 第1位
平成25年埼玉県 第1位
平成26年埼玉県 第1位

当院の実績について、アストラテック社から表彰を受けました

本物の"専門医"によるインプラント治療

本来インプラント治療は、安全かつ素晴らしいものです。
しかし、インプラントが外科治療である以上、どうしても、術者(歯科医師)の力量差、技術的な差が顕著に出てしまいます。

現在の日本では、インプラントを行うための特別な資格はありません。
つまり、歯科医師であれば誰でもできることになっています。
その結果は、インプラントを掲げる歯科医院の急増、そしてトラブルの多発です。

当院では、経験と技術を兼ね備えた『本物のインプラント専門医※』による治療を提供しています。
※公益社団法人日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医
sennmonni.jpg

インプラントを行う全国の歯科医師にとって、もっとも信頼性・価値の高い資格が専門医です。その難易度の高さから、歯科医師10万名中、専門医に認定されるのはわずか900名(0.9%)のみ。

当院では、インプラント本来の特徴を十分に引き出し、長期的に機能するインプラント治療を行っています。

麻酔の時の"チクッ"も苦手な方へ

麻酔の時のチクッも苦手な方へインプラントは魅力的だけど、どうしても手術が不安。
痛みが気になって、インプラントを踏みとどまっている方も多いことでしょう。そんな方のために、当院では"痛みや不安"をできるだけ減らした麻酔治療をご用意しております。

特に恐怖心の強い方向けには、笑気麻酔を併用することで不安や恐怖心が取り除かれ、リラックスして手術を受けていただくことができます。

また当院では麻酔時のチクリとするお痛みを和らげるために「2段階麻酔」を行っております。
はじめに針を使わない"表面麻酔"を行い治療部位に麻酔をしみこませることで、患部を"じんわり"と麻痺させていきます。

患部が十分に麻痺したところで、やっと針で麻酔液を入れていきます。針を使った麻酔をする際も、"電動麻酔注入器"を用います。
コンピュータ制御下で、大変ゆっくりと麻酔液を注入しますので、麻酔時の痛みを大幅に軽減できるのが特徴です。

誰でも痛いのは苦手です。
だからこそ、できるだけ痛みや不安を減らしたい、そう思っています。

院内CT完備。最新設備で安全なインプラント治療を

CT完備私たちがインプラント治療を検討する際、はじめに登場するのが「CT」です。
CTを用いることで患者さまのあごの骨をコンピュータ上に3次元的に再現し、確認することができます。

次に用いるのが、スウェーデンで生まれた最先端インプラント術前シミュレーションシステム「Simplant Pro(シンプラントプロ)」です。

本番前にシミュレーションを行いインプラントの長さ・太さ・埋入方向・角度・神経までの距離といった必要情報を正確に把握します。
そうすることで、患者さまに最も適合するインプラントを1本1本選択することができるのです。

実際のところ、CTや術前シミュレーションを行わなくともインプラント手術は可能です。
しかし、骨や神経・血管の位置をしっかり把握せずに行う手術は、様々なリスクを伴います。
効率的なオペができないため手術時間が延びたり、時には手術計画そのものを変更することも出てくるでしょう。

折角のインプラントです。
出来るだけ長く使っていただけるよう、私たちは最善の準備をいたします。

>>リスクを減らす仕組み

「医院の総合力」安全なインプラントをするために

当院の一般的な手術は、院長と担当ドクター、そしてインプラントオペ専用の歯科衛生士、により協力して行われます。
また、必要に応じて提携先の大学病院スタッフや、麻酔専門医をアサインすることもあります。

All-on-4のようなオペでは、義歯製作・調整までをスピーディーに行うために、歯科技工士1名を専属で担当させています。

各分野のプロフェッショナルが患者さまを総合的にサポートする体制、これも当院の強みのひとつです。


2009年4月15日 « トップへ » 2009年11月13日


文字サイズ
を変更する