トップへ » 治療方針 » インプラントとは » インプラントとブリッジ・入れ歯の違い

インプラントとブリッジ・入れ歯の違い

・ブリッジ
ブリッジ・ポンティック(ブリッジの連結部分)と歯ぐきの間に食べ物のカスが詰まり、不衛生になりやすい
・支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因になりうる
・ブリッジを支え、固定するために、両隣の健康な歯を削る必要がある

●費用について/保険適用材料(銀歯)を使用する場合は、保険内です。 白いセラミックは自由診療になります。

・入れ歯
入れ歯・ 痛み・異物感・ガタつきなど、大きな違和感が出ることが多い
・ 噛む力が健康な状態に比べて20~40%くらいになる
・バネが原因で、支えの歯を痛めてしまうことがある
・バネの支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因となる
・取り外して手入れする必要がある
・大きな入れ歯の場合、あごの骨が痩せる可能性がある
>>いつまでも若々しい顔貌を

入れ歯2●費用について/保険適用材料(プラスチック)を使用する場合は、保険内です。バネを使わないタイプ(柔らかいシリコン製の入れ歯、磁石でくっつく入れ歯など)は、自由診療になります。
バネによる負担

・インプラント
インプラント
・天然歯のようにあごの骨に固定し、違和感なく噛める
・噛む力は天然歯と同等レベルに回復する
・隣の歯を削る必要がない
・あごの骨が痩せにくい

●費用について/保険適用外なので、自由診療となります。 詳しくは費用・お支払い方法をご覧ください。



トップへ » 治療方針 » インプラントとは » インプラントとブリッジ・入れ歯の違い


文字サイズ
を変更する