トップへ » 概要 » 最先端術前シミュレーション » OAM式インプラント埋入法の特徴

OAM式インプラント埋入法の特徴

OAM式インプラント埋入法の技術的な特徴は、「骨を削るかわりに、骨をひろげる」ということです。
人間の骨は、粘膜に比べれば硬い組織ですが、コンクリートと比べれば、かなり柔軟かつ弾力性に富んでいます。

治療は、はじめに鍼灸治療で用いるような細い針を用い、骨表面に1㎜にも満たない小さな穴を開けます。
その後、特殊な装置を使って徐々に穴をひろげ、最後にインプラントを埋入します。
弾力性のある骨は、内側から押しひろげようとする力に反発し、インプラントをしっかりと締めつけます。
そのため、少々骨が柔らかくてもインプラント周囲の骨密度が高くなり、強力な固定力を得ることができます。

OAM


OAM式インプラント埋入法は、骨が少なく治療が難しいケースでも、安全にオペをすることができる反面、骨のかたさ・量が充分にある場合は、歯科用ドリルを使った方が、遥かに時間を短縮できます。
当院では、CT撮影で骨の状態をチェックする際に、経験豊富な専門医が適切な診断を行っています。


トップへ » 概要 » 最先端術前シミュレーション » OAM式インプラント埋入法の特徴


文字サイズ
を変更する